龍泉寺の自然マップ

龍泉寺(岡山市北区下足守)周辺は、岡山県立自然公園に指定されています。龍王池を囲む広大な龍泉寺の敷地には、湿地が点在し、現在では珍しくなった草花や多くのトンボを見ることができます。
周囲の森林は、岡山県保安林に指定され、開発が規制されてきました。そのため、龍王池と湿地に泥水や生活用水が流れ込まず、水質が保全されてきました。地主の龍泉寺さんが、野草を大切に保護されてきたことにより、昭和30年代の野草が残されてきました。

電子書籍出版
「岡山市の小さな自然再生~龍泉寺の自然を守る会10年の歩み」(2版)出版

この書籍は、pdf形式の電子書籍です。2部構成で、龍泉寺の自然がすべて分かる内容になっています。スマフォ・タブレットにコピーすれば持ち歩けます。
1部は、龍泉寺の湿地と当会の10年間の活動を紹介しています。全国の小さな自然再生活動に取組んでおられる方・関心のある方・研究者に参考になると思います。
2部は、生物多様性に富んだ龍泉寺の自然を紹介するために、龍泉寺の野草・トンボ・チョウ・その他昆虫・野鳥・両生類・爬虫類・樹木、全体で388種を写真と解説で紹介しています。
【電子書籍を希望される方へ】
最上本山 龍泉寺の寺務所で、頒布価格:500円で頒布しています。
郵送希望の方へ:下記アドレスにメールでお問合せ下さい。別途送料(180円)が必要。


最上本山 龍泉寺

最上本山 龍泉寺は、奈良時代天平勝宝年間に、この地で山岳修行していた報恩大師が創建したと伝えられる。雨乞いの神である龍神様、八大龍王と、豊作の神であるお稲荷様が一体となった民間信仰の霊場でした。 現在の龍泉寺は、幕末期に、日護聖人により再興大成された祈祷寺です。昭和26年に日蓮宗最上教派の本山になり、滝に打たれる荒行の場として有名で、7月第4週の日曜日「お滝祭り」がおこなわれています。

龍王山の水を湛える龍王池は、周囲約2Km ある大きな清らかな池で、八大龍王の御神体として管理されています。龍泉寺の境内と周辺には、多数の「もみじ」が植樹されおり、秋には美しい紅葉を見せてくれる。樹が育ってきており、知る人ぞ知る紅葉の名所です。龍泉寺一帯は岡山県立自然公園に指定されています。

ページトップへ